Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

自動車用クランクシャフトの形状強度実験室

試験および部品検査

自動車用クランクシャフト用の形状強度実験室で、クランクシャフト屈曲部(曲げおよびねじり疲労強度)ならびに材料サンプルの回転曲げ疲労試験が行われます。試験担当エンジニアの優秀な仕事ぶりは世間に知れ渡り、エンジン開発会社および製造会社からこのサービスの注文を多数承っています。

自家用車用クランクシャフトの曲げ疲労強度は、ALFINGが開発した曲げ試験台でテストされます。

ALFINGが開発したねじり試験台では、プログラミング可能な自動試験工程を介して、自家用車用クランクシャフトのねじり疲労強度が算出されます。

コンロッドジャーナルのねじり破断面。ねじり疲労強度試験によってクランクシャフトを破断させた後の状態です。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.