Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

試作品から量産品まで

自動車用クランクシャフトの体制

直列/水平対向/V型エンジン、高性能またはレーシングカーエンジン用のクランクシャフト、少量生産または試作品のすべてに対応:自動車用事業領域において当社は、伝統ブランドおよび高級メーカーの長き良きパートナーとしての地位を築き上げました。当社が製造および供給している、取付け準備の完了したクランクシャフトの長さは最長1 mで、最高出力850 kW、最高回転数20,000 rpmのエンジンに対応しています。当社のエキスパートは、お客様からのいかなる要求にも応えられる技術的ソリューションを生み出すことができます。当社が提供するサービスは、初期コンサルティングから継続的なサポート、見積作成、半加工品の輸送そしてジャストインタイム納品にまで至ります。これらは、現行の通信標準および規格すべてに対応しています:VDA、Odette/ENXインターフェース、Delfor、Deljitなど。

エンジニアリング

 

当社はインターフェースデータから、希望クランクシャフトの3Dモデルを作成し、そこからクランクシャフト製造施設図面を導き出し、必要設備の設計、作業計画の作成、さらにCNCプログラミングを行い、金型を設計します。これは最新の機械技術を採用して行われます。

試作品製造

 

ノウハウと柔軟に使用可能な多機能CNC機械により、開発サンプル、試作品、少量生産品およびモータースポーツ用クランクシャフトをお客様の仕様に合わせて効率的に製造することが可能です。

大量生産

 

製造基準、自動化度、そして品質水準を常に高く保つことで、当社は大量生産において確かな評価を得ています。製造ラインを自動化し、連結されたCNC加工センターにガントリーローダーによる装填/取出しを装備することで、効率を高めています。

表面処理

 

表面処理の出来具合によって、高速回転するクランクシャフトの性能、耐久性および低磨耗性は著しく左右されます。この領域で当社は何十年にも亘り、知識と経験を獲得してきました。これにはガス窒化、ガス軟窒化、ディープロール加工、高周波焼入れおよび焼なましが含まれます。独自の、特許取得済みの手法が当社には数多くあります。特に高周波焼入れと焼なましに関して、当社は60年以上の実地経験に基づくノウハウを提供しており、これは自社焼入れ機およびインダクタの開発と製造にも直接利用されています。

最終組立

 

自動洗浄ラインでの洗浄後、クランクシャフトの寸法検査が最新鋭の測定機械で行われ、自動的に等級付けされ、レーザーコーディングされ、出荷用に梱包されます。これはもちろん空調の利いたクリーンルームで行われます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.