Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

後加工

焼入れ結果や同心度などの工程変数の監視を統合することで、高品質が保証されます。特にどの焼入れ工程でも発生する同心度のずれは最低限に抑えて、後に続く研削量を最少化する必要があります。 マーキングおよびコーディングユニットにより、焼入れ工程パラメーターが各クランクシャフトへ確実に正しく割り当てられます。もちろんこのパラメーターはデータバンクに保存し、ホストシステムに転送することが可能です。

データマトリックスコードなどを使用して、各クランクシャフトに製造データをコーディングすることができ、これにより焼入れ工程の事後分析も可能になります。

焼入れ後、メインジャーナルの同心度が測定されます。焼入れ工程を正確に制御して、研削量を最低限に抑えるのが目的です。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.