Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

前加工

実際に焼入れ工程を始める前に、前加工を行う必要があります。当社のモジュール型コンポーネントにより、この工程は焼入れ装置に統合可能であると同時に、装置の上流側に前工程として設定することも可能です。特にクランクシャフト1本1本の入念な洗浄は、焼入れ工程を成功させる上で極めて重要です。焼入れ機の制御装置は、洗浄機の制御も行います。機械でワーク配向することで、クランクシャフトのフィレットが焼入れ装置の中で確実に配置されます。データマトリックスコードまたはバーコードなどのお客様コードを読み取って各クランクシャフトを識別することで、工程の確実性が更に高まります。依頼主と密接に協力し合いながら、総工程の効率を可能な限り高める、完璧な装置デザインを設計します。

冷水または温水、リングまたは旋回ノズルシステムなどの様々な洗浄技術を駆使して、効果的な洗浄工程を作り上げます。

データマトリックスコードを機械で読み取ることで、ワークが確実に識別されます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.