Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

CNC鍛造型フライス盤

鍛造型製造

長さ1.5~約4.5 mの半加工品は型鍛造で生成されます。これには細部に至るまで図面に忠実な鍛造型が必要です。鍛造型は当社のCNC鍛造型フライス盤で、極めて正確に製造されます。これによりクランクシャフトを機械的仕上げ加工の際、追加作業の必要量が著しく減少します。クランクシャフト完成品のデータモデルから、半加工品の3Dモデルが導き出されます。CAD/CAMインターフェースおよびCNCプログラミングを使用して、半加工品の3Dモデルから鍛造型用のフライスプログラムが作成されます。

CAMプログラマーがデータモデルから作成したCNCプログラムが、6軸CNC鍛造型フライス盤で起動します。ここでは重量90 tまでのワークを加工することが可能です。

鍛造型輪郭の前加工。 ここでは1つの鍛造型につき、約3 tの材料が削り取られます。

鍛造型の機械加工後に、金型技師が彫られた箇所を磨きます。その後鍛造型は測定され、その結果は電子的に保存されます。この記録はお客様に対する証明書の役割を果たしています。

鍛造型上型および下型、背後に見えるのは鍛造型フライス盤。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.