Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

大型クランクシャフト用の形状強度実験室

試験および部品検査

当社の開発エンジニアには、長年にわたり培ってきたノウハウがあり、これは大型エンジン開発においても求められています。形状強度実験室で、クランクシャフト屈曲部の曲げおよびねじり疲労強度、ならびに材料サンプルの回転曲げ疲労試験が行われます。

大型クランクシャフトの曲げ疲労強度は、曲げ試験台でテストされます。

クランクウェブ付け根のフィレット部で、伸び測定用のストライプにより、曲げ応力の算出および分析を行うことができます。

ねじり疲労強度試験の結果、コンロッドジャーナルに亀裂が生じました:原因分析を開始できます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.