Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

ALFINGクランクシャフト製造で使用される焼入れ機

表面処理

クランクシャフトは高負荷のかかるエンジンコンポーネントであるため、高い耐久性と低磨耗が不可欠です。Maschinenfabrik ALFING Kesslerは、この技術的な課題に挑み続け、何十年にもわたり先駆者として業績を上げてきました。早くも1913年にクランクシャフトの肌焼入れを導入することで、最初の画期的な進歩を成し遂げました。今日では様々な手法により、曲げおよびねじり疲労強度を高め、表面磨耗を抑えています。この分野での当社の専門知識には、組織形成、コンロッドジャーナルおよびメインジャーナル領域のフィレット部形状および表面性状、ならびに有益な圧縮残留応用の付与が含まれます。このノウハウを基にALFING Härtemaschinenbauは、1952年にクランクシャフト用の高周波焼入れを開発し、これは現在独立した事業分野となっています。これまでALFINGは世界中で、500台以上の焼入れ機を有力自家用車メーカーおよび商用車メーカーに供給してきました。

耐久性向上のための工程手順の1つが、ジャーナルフィレット部の高周波焼入れです。インダクタでコンロッドジャーナルを加熱した後、このジャーナル箇所を冷媒シャワーで冷却します。

ショットピーニングは、高負荷のかかるクランクシャフトフィレット部の正確に定義された箇所に対して行われます。

圧縮残留応用を的を絞って付与し、ショットピーニングを行うことで、耐久性を向上させることができます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.