Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

長さ8 mまでのクランクシャフト用のCNCロータリーフライス盤

機械加工

CNCロータリーフライス盤上で一度クランプするだけで、旋盤加工、フライス加工、穿孔およびネジ切り加工などの加工手順を行うことにより、効率を高めています。その際許容差を1/100 mmの範囲までに抑えています。これはサイクルタイム、在庫量、セットアップコストおよび製造コストの削減につながります。当社は世界に先駆けてCNC軌道研削盤を採用し、長さ8 mまでの大型クランクシャフトの全自動研削を可能にしました。この研削ではクランクシャフトは軸の中心でクランプされ、コンロッドジャーナルの動作に従って砥石が揺動します。真円度、直径、ドレッサー修正値および温度差がオンラインで記録され、修正されます。1/1,000 mmの範囲にある許容差を再現できます。こうして高度に自動化された工程で、長さ8 mまでの大型クランクシャフトを低コストで製造することが可能となります。

飛躍的進歩:当社では、大型クランクシャフトも最新のCNC軌道研削盤で研削します。

極めて頑丈な工具によってのみ、既に焼入れされたコンロッドジャーナルのロータリーフライス加工を行うことができます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.