Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

半加工品用の630 KJカウンターブローハンマー

型鍛造

鍛造型の鍛造輪郭が極めて正確であるため、その後の機械加工工程を非常に効率的に行うことができます。型製造には、450または630 kJの打撃エネルギーを持つカウンターブローハンマーが使用されます。加熱炉にて半加工品は最高1300 °Cまで加熱されます。重量2.6 t、長さ4.5 mまでの半加工品に対応しています。重量に応じて、「加熱」と鍛造のサイクルが3~5回必要になります。型鍛造により鍛流線が最適化され、その結果秀逸な部品強度が得られます。

加熱炉にて半加工品は最高1300 °Cにまで加熱され、その後鍛造ハンマーに搬送されます。

加熱された半加工品を加熱炉からカウンターブローハンマーに搬送。

鍛造プロセスでは「加熱」と鍛造を複数回行い、棒材から希望通りの輪郭を持った半加工品を製造します。

トリムプレスによる鍛造されたクランクシャフトのバリ取り。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.