Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

内視鏡によるオイル溝交差部のバリ検査

仕上げ加工および最終検査

仕上げ加工では、一つ一つのクランクシャフトシステムが完璧な状態に作り上げられます。ここではオイル溝とオイル溝の交差部を丸めて磨き、メインジャーナルとコンロッドジャーナルの軸受け面を紙やすりで研磨する必要があります。亀裂点検は破損を生じさせることなく電磁的に行われます。一部の加工手順は、機械で実施することができません。手作業による加工は、長年の実地経験を持つ専門技師によって行われます。それに続く最終検査にて、クランクシャフトの徹底的な点検が行われます。続いてクランクシャフトは、半自動洗浄ラインで洗浄され、新たに外観検査を受け、防腐剤が塗布された後、梱包されます。この最後の工程は空調の利いたクリーンルームで行われるため、極小の残留汚れ粒子も入り込む余地がありません。当社は一流の等級付け機関から、その機関の名の下に認定作業を行う権限を与えられています。これは当社の品質と信頼性の何よりの証です。

クランクシャフトのシステムに関連するパラメーターは極めて正確に検査されます。3D測定センサーが形状および位置の許容差をすべて記録します。

紙やすりによる軸受け面およびフィレット部の高精密研磨は、クランクシャフトの長さが約5 m以上の場合、主に手作業で行われ、これには豊かな経験が必要とされます。

触診することで、ジャーナル表面のコンタクトパターンおよびかみ合い率が明らかになります。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.