Maschinenfabrik ALFING KESSLER GmbH

大型クランクシャフトのFEM解析

エンジニアリング

大型クランクシャフトはお客様の詳細な仕様によって定義されます。当社エンジニアリング分野では、これらの要件を自社製3D-CADシステムに転送し、形状、材料または表面処理などの最適化が可能であるかお客様と共に確認します。お客様のご要望に応じて、実験室での最重要工程シミュレーション実験も提供しています。お客様から許可を得た後に、全パラメーターを備えた取付け準備完了状態のクランクシャフトが、3Dモデルとして定義されます。この基礎データを基に、鍛造型設計、設備設計、金型設計、製造計画、製造施設図面作成およびCAMシステム用のデータ準備が行われます。

クランクシャフト完成品のデータモデルから、半加工品の3Dモデルが導き出されます。

CAD/CAMインターフェースおよびCNCプログラミングを使用して、半加工品の3Dモデルから鍛造型用のフライスプログラムが作成されます。

This website uses cookies

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our Cookie Policy.